TOP > 住宅ローンの借り換え

住宅ローンの借り換えとは?

住宅ローンの借り換えとは、毎月の返済額を少なくしたり、返済総額を少なくしたりすることを目的として、現在契約している住宅ローンをより条件の有利な住宅ローンに変更することです。借り換えをするメリットは、低金利に借り換えることで返済期間を短くして返済総額を少なくできる、低金利に借り換えることで返済期間を据え置き月々の返済額を少なくできる、長期固定金利に借り換えることで金利が上がった場合のリスクを避けることができるなど、色々考えられます。

住宅ローンを借り換えようと思う人の多くは、固定金利の住宅ローンへの借り換えを行っています。固定金利を選択するかどうかは、今後の金利の動向が影響しますが、固定金利が上昇の傾向にあるなら、今のうちに長期固定金利の住宅ローンに借り換えを行うのがよいでしょう。

住宅ローンの借り換えを検討するときに気になるのが現在の住まいの担保評価額です。借り換えを検討するなら早い方がいいのですが、ローン残高が大きくなるので担保評価額を超えてくると借り換えが難しくなるのでは?ということが懸念されます。しかし、ローン残高が大きくても借り換えは可能です。それは、新しいローンで差額分を上乗せして設定するということをするため。借り換えが可能となってきます。

借り換えの時期は早い方がいいと言われていますが、それは金利が上昇する傾向にあるからですが、住宅ローンの残高が1000万円以上ある場合や返済の残期間が10年以上ある場合、検討中の住宅ローンと現在の住宅ローンとの金利差が1%以上ある場合などは借り換えのタイミングとしては良い時期になります。ですが、借り換えをして結果得をするかどうかは、金融機関のサイト上にあるシミュレーションを利用して試算してみるととても分かりやすいです。そして、そのシミュレーションの結果を比較検討して、借り換えのタイミングや借り換え先を決めていきます。住宅ローンの借り換えシミュレーションも提供している金融機関によって、様々な計算や比較ができるようになっていますので、一度シミュレーションを利用して借り換えの効果を比較してみましょう。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

  • 住宅ローン比較 金利、シミュレーションが決め手住宅ローン比較 金利、シミュレーションが決め手
    住宅ローンは、単にお金を借りるというよりは、一生かけて支払うくらいの大きなお金を借りることです。ですから住宅ローンを借りる前に十分に比較してから借りましょう。住宅ローンの比較をできるだけ細かく紹介しています。
  • 住宅ローンの返済方法住宅ローンの返済方法
    住宅ローンを金融機関などに借りたお金を、毎月利息と共に返済していくことになるわけですが、その返済方法にも様々な種類があります。金利の種類も同様です。どういった返済方法がいいのかは一概には言えず、債務者の家族構成や家庭の状況にもよります。